2010年01月27日

メタルビーズ バッグ

倉橋佳子さんのメタルビーズバッグ
メタルビーズ教室を開催している
 

倉橋佳子さんのメタルビーズは有名で、今年もお会いすることができました。
私も倉橋さんのメタルビーズバッグをもっていきました。

同じレプリカがありました。
100万円を越えるメタルビーズバッグは全て手づくりゆえだから高いのでしょう。

DSC01028s.JPG

DSC01030s.JPG

アトリエ クラハシ
倉橋佳子メタルビーズ教室

東京都港区南青山7丁目1−14
南青山テラス219

ここにお申し込み・お問い合わせをしてくださいね〜
営利目的はNGですよ。

倉橋佳子さんのご紹介

京都市出身、東京在住
1970年代 フランス パリに住む
        パリ在住時に往年のメタルビーズに魅せられ
        コレクターとして収集をはじめる。
        かなりがんばってお金をかきあつめて
        Getしたものもあると話されていました。

1975年 帰国。失われた芸術「メタルビーズ」復活に向け研究開始。
1979年 復活させたオリジナル作品が「ミセス」12月号で掲載される。
       東京・原宿にてメタルビーズ・制作アトリエ開設。
1980年 「家庭画報」11月号”倉橋佳子の仕事・メタルビーズ”特集。
1981年 銀座和光で初の展覧会開催
1980〜
90年代 月刊誌・新聞等に多数掲載。各地で展覧会開催。
2001年 10月テレビ朝日「徹子の部屋」に招かれる。
2004年 4月、東京・網町三井倶楽部にて展覧会。TBSで特集。
       著書「メタルビーズ〜巴里十六区からの旅立ち」文芸社出版。
2005年 11月、フランス・パリ”プラザ・アテネ”にて里帰り展覧会。
       12月、NHK「おはよう日本」特集。
2006年 3月、高輪プリンスホテル”貴賓間”にてパリ凱旋展覧会。
       10月、テレビ朝日「ワイド!スクランブル」特集。
現在    メタルビーズに新しい命を吹き込むかたわら、
       東京(青山/銀座/高輪)・横浜・名古屋・大阪にて
       ”倉橋佳子メタルビーズ教室”を開講。
       出典先:倉橋佳子メタルビーズ教室パンフレットより

ほんとうにすてきなメタルビーズバッグです。
大切につかっています。
       



posted by hirokatoshiko at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | バッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク
ブランドLINK
シャネル・コーチ・グッチ☆ブランドimpression (インプレッション)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。